不動産売却は専門家に任せよう|風通りや光の具合

二人の男性

一般人でも参加できます

困る夫婦

不安ならプロに相談する

みなさんは競売についてご存知でしょうか。競売とは、例えば住宅ローンなどが返済できなくなった場合に担保となっている土地や家屋などの不動産を、裁判所によって強制的に売却することを指します。流れとしては、担保の不動産等の最低価格を決めて、次に入札が始まり最終的には一般的な市場価格の約8割ほどで落札されます。そして売却されたことで不動産の所有者が変わり、立ち退きになるわけです。しかし引っ越しの費用は、ご自身で捻出しなければなりません。入札者は一般人でも可能ですが、知識や経験がないとリスクが気になったり不安な方が多いかと思います。そこで競売を代行する会社がありますので、そのシステムを利用してみてはいかがでしょうか。その点、競売代行会社はプロですので安心感があります。

情報は簡単に調べられる

競売についての流れや情報は、どこで入手できるのでしょうか。それはとても簡単で、インターネットや新聞で情報を入手することができます。最近では個人での参加も増加傾向にあり、最高裁判所においても情報を提供しているので一度ご覧いただくといいかと思います。まず競売をお考えでしたら物件を探すことから始まり、次に物件情報の確認をします。そして現地調査を行い保証金を納付し入札、落札者が決定したら代金の納付、所有権移転登記し明け渡しという流れになります。大まかな流れを説明しましたがやはり素人には難しいこともありますので、競売代行会社を利用する方も増えているようです。不動産の登記や明け渡し、手続き等は多くの方がしたことありませんし、実際に住むまでフォローしてくれるとのことで非常に心強い味方になりそうです。